中古物件のリフォーム

中古物件を購入した場合、リフォームが必要になります。このリフォームの良し悪しで、中古物件に入居者が入るかどうかが決まります。多くの人は、物件を内覧してから住むかどうか決めますから、その部屋を見たときの第一印象が大切です。第一印象が良ければ、ほかのマイナスポイントをカバーできる場合もあります。

中古物件のリフォームで1番最初に修理した方がいいのは、キッチン・お風呂・トイレなどの水周りです。傷みやすい場所なので、水周りを修理しておかないと入居後にトラブルが出て、クレームが舞い込むことになります。

壁紙などは張り替えるだけで、部屋の中がキレイになります。また、収納は多い方が使い勝手が良くなりますから、スペースに余裕があり、リフォームできるような状態であれば、収納を増やしましょう。リフォームは、大家さんのセンスが問われます。

また、マンションをリフォームする場合は、管理組合にリフォーム工事の申請をする必要があります。リフォーム中は、予定通りに工事が進んでいるか、契約通りの内容となっているかなどをご確認ください。大切な初めての不動産投資物件ですから、途中で手抜きが起こらないように最後まで見届けましょう。

loading
×