ARCHIVE

不動産投資のリスク

不動産投資は、成功すれば安定収入になりますが、投資なのでリスクもあります。不動産投資で抱えそうなリスクですが、空室のリスクと家賃滞納のリスクです。入居者が退室すると家賃収入は入らなくなり、長い間空き家になれば家が傷みます。住宅ローンがある場合は、返済に家賃収入を充当できなくなります。

空室のリスクについては、個人ではどうしようもありません。物件の立地や入居者が住みやすい地域性など、不動産投資物件を購入後にどうにかなる問題ではないので、購入する前に多くの人が入居しやすそうな物件を探すことが大切です。

家賃滞納のリスクは、家賃を滞納しない入居者を選ぶことでしょう。これも、大家さんが入居者を直接面接するわけではないので、賃貸管理会社に任せるしかありません。家賃の滞納が発生した場合は、最初の1カ月で入居者に連絡を入れることです。2カ月、3カ月と滞納が長引くほど回収は難しくなります。

空室のリスクも家賃滞納のリスクも、大家さんが関われる問題ではなく、賃貸管理会社が処理することになりますから、信頼のおける賃貸管理会社と契約することが大切です。数々の不動産投資のリスクは、信頼のおける賃貸管理会社を探すところから始まります。

中古物件のリフォーム

中古物件を購入した場合、リフォームが必要になります。このリフォームの良し悪しで、中古物件に入居者が入るかどうかが決まります。多くの人は、物件を内覧してから住むかどうか決めますから、その部屋を見たときの第一印象が大切です。第一印象が良ければ、ほかのマイナスポイントをカバーできる場合もあります。

中古物件のリフォームで1番最初に修理した方がいいのは、キッチン・お風呂・トイレなどの水周りです。傷みやすい場所なので、水周りを修理しておかないと入居後にトラブルが出て、クレームが舞い込むことになります。

壁紙などは張り替えるだけで、部屋の中がキレイになります。また、収納は多い方が使い勝手が良くなりますから、スペースに余裕があり、リフォームできるような状態であれば、収納を増やしましょう。リフォームは、大家さんのセンスが問われます。

また、マンションをリフォームする場合は、管理組合にリフォーム工事の申請をする必要があります。リフォーム中は、予定通りに工事が進んでいるか、契約通りの内容となっているかなどをご確認ください。大切な初めての不動産投資物件ですから、途中で手抜きが起こらないように最後まで見届けましょう。

購入する物件

不動産投資用としてどのような物件を購入したらいいかということですが、入居者が入らないことには家賃収入が得られませんから、「入居者が入りやすい物件」を購入するのがポイントになります。

入居者が入りやすい物件とは、どのような物件でしょうか。一般的に言われているのは、都心にある物件で「駅から近い」などの交通の便の良い場所にある物件です。多くの人が入居ししたいと思うような物件を選ぶことです。しかし、都心にあって駅から近ければ入居率が高くなるのは間違いありませんが、このような物件はみなが狙っており、不動産投資初心者であれば購入するのが難しくなります。

不動産投資用物件を探すときは、中古で手頃な価格の物件を探すことになります。中古でも一戸建てやマンション、マンションでもワンルームタイプとファミリータイプの物件があります。初心者が購入しやすいと言われているのは、「マンションのワンルームタイプ」の物件です。一戸建てやファミリータイプの物件より購入しやすいからというのが理由の一つです。

物件を購入する際には、周辺環境もリサーチするのを忘れないでください。不動産投資用物件のまわりに病院や銀行などの利用頻度の高そうな施設はないか調べておくことも大切です。

初めての不動産投資

不動産投資は、アパートやマンションなどを購入して利益を得ることを目的としています。不動産投資には、安く購入した物件の価値が上がったときに売却し、その差額で利益を得る方法がありますが、主流となっているのは、家賃収入を得ることを目的とした投資です。

売却益を得るには、物件を安く購入し高く売るという目利きが必要になりますから、普段多くの物件に接していたり、不動産の相場がわかっていないと難しいかもしれません。初心者向けの不動産投資は、家賃収入を得ることを目的とした投資の方です。不動産を購入することで節税効果が得られ、家賃収入も入ってくることから、働きながら不動産投資を始める人が増えています。

不動産投資を行うためには物件を購入することが必要です。中古のマンションであれば、管理組合にリフォーム工事の申請をします。リフォームの良し悪しで、入居者が入るかどうかが決まりますからセンスが問われます。入居者が使いやすいように工夫しながらリフォームを行うことが大切です。

最後に、不動産投資のリスクについてもあげておきます。不動産投資のリスクとして考えられるものに、「空室のリスク」と「家賃滞納のリスク」があります。入居者が引っ越した場合や家賃の滞納にあった場合のリスクについて考えておいてください。どちらのリスクも、管理するのは賃貸管理会社ですから、しっかり管理してもらえる信頼できる賃貸管理会社を探しましょう。当サイトでは、不動産投資を初めて行う方に役立つ情報を紹介します。

loading
×