初めての不動産投資

不動産投資は、アパートやマンションなどを購入して利益を得ることを目的としています。不動産投資には、安く購入した物件の価値が上がったときに売却し、その差額で利益を得る方法がありますが、主流となっているのは、家賃収入を得ることを目的とした投資です。

売却益を得るには、物件を安く購入し高く売るという目利きが必要になりますから、普段多くの物件に接していたり、不動産の相場がわかっていないと難しいかもしれません。初心者向けの不動産投資は、家賃収入を得ることを目的とした投資の方です。不動産を購入することで節税効果が得られ、家賃収入も入ってくることから、働きながら不動産投資を始める人が増えています。

不動産投資を行うためには物件を購入することが必要です。中古のマンションであれば、管理組合にリフォーム工事の申請をします。リフォームの良し悪しで、入居者が入るかどうかが決まりますからセンスが問われます。入居者が使いやすいように工夫しながらリフォームを行うことが大切です。

最後に、不動産投資のリスクについてもあげておきます。不動産投資のリスクとして考えられるものに、「空室のリスク」と「家賃滞納のリスク」があります。入居者が引っ越した場合や家賃の滞納にあった場合のリスクについて考えておいてください。どちらのリスクも、管理するのは賃貸管理会社ですから、しっかり管理してもらえる信頼できる賃貸管理会社を探しましょう。当サイトでは、不動産投資を初めて行う方に役立つ情報を紹介します。

loading
×