購入する物件

不動産投資用としてどのような物件を購入したらいいかということですが、入居者が入らないことには家賃収入が得られませんから、「入居者が入りやすい物件」を購入するのがポイントになります。

入居者が入りやすい物件とは、どのような物件でしょうか。一般的に言われているのは、都心にある物件で「駅から近い」などの交通の便の良い場所にある物件です。多くの人が入居ししたいと思うような物件を選ぶことです。しかし、都心にあって駅から近ければ入居率が高くなるのは間違いありませんが、このような物件はみなが狙っており、不動産投資初心者であれば購入するのが難しくなります。

不動産投資用物件を探すときは、中古で手頃な価格の物件を探すことになります。中古でも一戸建てやマンション、マンションでもワンルームタイプとファミリータイプの物件があります。初心者が購入しやすいと言われているのは、「マンションのワンルームタイプ」の物件です。一戸建てやファミリータイプの物件より購入しやすいからというのが理由の一つです。

物件を購入する際には、周辺環境もリサーチするのを忘れないでください。不動産投資用物件のまわりに病院や銀行などの利用頻度の高そうな施設はないか調べておくことも大切です。

loading
×